Mobilityサーバーの自動バックアップファイルの場所

「Mobility」は企業ユーザー向けのソフトウェア型モバイルVPNです。
通信状態をソフトウェアで自動制御するので柔軟な設定が可能です(例えば、利用するWi-Fiアクセスポイントに合わせて接続先を制限するなど)。 それらの設定内容は、Mobilityサーバー(VPNゲートウェイ)の 内部データベースに保持され、リアルタイムでデバイスに送信されます。

その「内部データベース」は、どのようにメンテナンスすれば良いでしょうか?    先日、サーバーの内部データベースのバックアップ方法について質問をいただきましたので、記事にまとめたいと思います。

Mobilityサーバー の 自動バックアップ機能

自動バックアップを利用すると、VPNサービスを停止せずに、内部データベースを夜間にバックアップできます。 NetMotion Mobility に標準装備されている、サーバー側の管理機能です。

その「内部データベース」とは、どのような役割があるのでしょうか。

内部データベース (NetMotion Mobilityサーバー)

Mobilityサーバーのデータベースは、2つあります。

ウェアハウス データベース

静的な情報を保持するデータベースです。
例) サーバー設定、クライアント設定(デフォルト設定)、ポリシー、ライセンス など

利用しているアーキテクチャは、Sun ONE Directory Server です。

アナリティク スデータベース

動的な情報を保存するデータベースです。デフォルト設定で  395日 (1年 + 1ヶ月)の 履歴が保存されます。
例) 接続状況レポート、アプリケーションのバージョンレポート、バッテリー残量レポート など

利用しているアーキテクチャは、MySQL です。

自動バックアップの設定方法

サーバーのセットアップ中に自動で設定されます。

ウェアハウス データベース

インストールガイドのステップ 9 で、「日次バックアップの有効化」で設定します。

Title Graphics

検証用のMobility サーバーをインストールしてみよう | ステップバイステップ インストールガイド

2017/08/01

タイミング: ウェアハウスは、デフォルト設定で 夜間 02:00 に バックアップされます。

 

アナリティク スデータベース

インストール時のウィザードには 表示されません が、自動バックアップが設定されています。

タイミング: アナリティクスは、デフォルト設定で 深夜 00:00 に バックアップされます。

 

バックアップファイルの場所

ウェアハウス データベース

ウェアハウスサーバーのフォルダをご確認ください。ウェアハウスが複数ある(プライマリ、セカンダリ)場合は、プライマリウェアハウスをご確認ください。

フォルダ      C:\Program Files (x86)\NetMotion Warehouse\Mobility\logs
ファイル名  WarehouseBackup.ldif

アナリティク スデータベース

アナリティクスサーバーのフォルダをご確認ください。

フォルダ      C:\Program Files\NetMotion Server\analytics\database\backups
ファイル名 analytics_db.bak

 

日々の運用で大切なこと

Mobilityは 再構築も簡単ですが 念のための対策として、万が一のシステム紹介に備え、データベースのバックアップファイルを安全な場所にコピーしておきましょう。 Windows タスクスケジューラ で自動化することも可能です。(※別記事を掲載予定)

 

上級編: 設定内容を確認したい!

ここからは上級編です。
NetMotion Mobility は、ほぼすべての項目がインストールウィザードで自動で設定されるので、通常の運用においては手動設定は必要はありません

ウェアハウス データベース

1.ウェアハウスがインストールされているサーバーにAdministratorでログオンします。

2.スタートメニューから「ウェアハウス管理ツール」を開きます。
スタートメニュー

3.  ウェアハウスのパスワードを入力します。(インストールウィザードで設定したもの)
ウェアハウスのパスワードを入力

4.  「データのバックアップ」をクリックします
「データのバックアップ」 メニュー

5.   設定内容の確認が終わったら、右上の[x] で 画面を閉じます

 

アナリティク スデータベース

1.  スタートメニューから「Mobility コンソール」を開きます。
スタートメニュー

2.  画面左上の [分析] メニューをクリックしてプルダウンし、[設定]  をクリックします
Mobilityコンソールの「分析」メニュー

3.  「バックアップを有効化する」 の チェックボックスが オン (チェックあり)に なっています
アナリティクス設定の「バックアップを有効化する」チェックボックス

4.  「日次メンテナンスの時刻」 が  12:00 午前 (深夜)に設定されています
「日次メンテナンスの時刻」は 深夜00:00に設定されている

5.   設定内容の確認が終わったら、右上の[x] で  Webブラウザ を閉じます

 

バックアップからのリストア方法

→ 別記事をまとめる予定です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です