WindowsCE で Mobility VPN を使う

いまだに現役。WindowsCE で Mobility VPN が使えます!

ハンドヘルド端末として広く使われている Windows CE は、多くの企業でいまだに現役です。
ネットモーションソフトウェアのお客様も、国内や海外で、Windows CE 端末を利用しています。

NetMotion Mobility VPN を WindowsCE で利用するメリット

Windows10 や iOS, Androidと同じように、VPNを利用するメリットがあります。

通信の暗号化

AES 128ビットで 通信内容を暗号化します。パケットをまるごと暗号化するので、IPSec や SSL-VPN よりも安全です。

通信の安定化(切れない

電波が届かなくても、通信を一時停止させることができるので、アプリケーションのエラーを防ぐことができます。さらに、VPNセッションも切れないので、電波が届くようになるとすぐに通信を再開します。

ローミングできる

LTE/3G と Wi-Fi を切り替えても通信が切れません。さらに、社外と社内のネットワーク切替えもシームレスに行えるので、作業場所を移動しても「VPNを切る、接続する」という手動操作が不要になります。

低速回線が速くなる

3G などの 低速通信で、送受信データを自動圧縮して高速化します。暗号化は圧縮してから行われます(自動)。アップロードとダウンロードの両方に効果があります。

高速化(実測値)については別記事を公開予定です 

WindowsCE で NetMotion Mobility クライアントを使う方法

WindoesCE 対応版は英語のインターフェースのみにで提供しています(ネットモーションが日本語版を製品リリースしたのは2016年7月から。そのため WindowsCE 対応版の日本語化の予定はありませんが、日本語版WindowsCE上で問題なく動作します。)

NetMotion Mobility for WindowsCE の画面

Mobilityクライアント (WindowsCE版) の画面
Mobilityクライアント (WindowsCE版) の画面

このデバイスに搭載されているソフトウェアのバージョン
・WindowsCE:  Microsoft Windows Embedded CE6.0 R3 Professional
・Mobilityクライアント:NetMotion Mobility (for WindowsCE 6.0 ARM) バーション9.21  発売日:2011年 4月

セットアップ方法については、別記事を公開予定です 

Mobility クライアントの場所

このアプリケーションを起動すると、通信状態を確認することができます。

C:\Program Files\NetMotion Client\nmclient.exe

※ F1 ~ F5 (ファンクションキー)の ランチャーに登録すると便利です。

操作方法

ここで紹介する操作方法は一例です。お客様がご利用のデバイスの設定によって、操作方法が異なる場合があります。

電源投入後のVPNログオンダイヤログ

デバイス起動時に一回だけ、ユーザー名とパスワードを入力して[OK]をクリックして、VPNの接続を開始します。
User name:    VPNのユーザー名
Password:     パスワード
Domain:        ドメイン名

VPNをバイパスする(VPNトンネルを通さない)

画面左下の [Bypass] ボタンをクリックするとバイパスモードになります。バイパスモードでは、すべての通信がVPNトンネルを通らずに、通信ができるようになります。(注意: データは暗号化されません)

バイパスを解除して、VPNを有効にする

バイパスモードから、VPNが有効な状態に戻るには、画面左下の [Connect] をクリックします。

その他の設定

診断とログ収集

Mobilityクライアントの [Diagnostics] ボタンをクリックします。
[Create Report] ボタンをクリックすると、診断ログを C:\temp に保存します。

設定画面

Mobilityクライアントの [Configuration] ボタンをクリックします。
接続先のMobilityサーバー(VPNゲートウェイ)が設定できます。

番外編

ログオフ と バイパス の違い (Windows CEの場合)

ログオフ
・VPNを無効化する
・すべての通信をブロック(遮断)する → 暗号化しない通信を禁止する
ネットワークがつながっていない状態と同じです。

バイパス
・VPNを無効化する
・すべての通信を許可する  → 暗号化していなくても許可する
VPNが無い状態と同じです。

関連情報

ネットモーションソフトウェア Webサイトhttps://www.netmotionsoftware.com/jp

twitter は コチラ →  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です