おすすめの設定 ① - Mobility コンソール

Mobilityコンソール の カスタマイズ

WebブラウザからVPNゲートウェイサーバーを簡単管理できる「Mobility コンソール」を
少しだけカスタマイズできることをご存じでしょうか?

Mobility コンソール の アクセス方法

※注: システム管理者のみがアクセスできます。VPN ユーザーの皆様はアクセスできませんので、システム管理者様にお問い合わせください。
  1. スタートメニュー から 起動します

    VPN ゲートウェイとして動作している Mobility サーバー のスタートメニューから 「Mobilityコンソール」アイコンをクリックするとウェブブラウザ(IEやEDGEなど)が起動します。

  2. または、ブラウザに URL を直接入力します
    http://  <MobilityサーバーのIPアドレス>  :8080

    ※httpsを使用するよう設定した環境では、http を https に読み替えてください。

接続しているデバイスを確認する

コンソールの中央に「Mobilityクライアント」というエリアがあります。
接続済み】という青文字をクリックすると、「接続リスト」(接続済み端末の一覧)が表示されます。

Mobility 管理コンソール

Mobility 管理コンソール

接続リスト(VPN利用端末の一覧)

接続リスト(VPN利用端末の一覧)

便利なカスタマイズ

先頭行に表示される「デバイス名」「ユーザー名」などの項目をカスタマイズしてみましょう。

ここでは  接続時刻(VPNの利用時間)と 合計バイト数 (通信したデータ量) を追加します
  1. 接続リスト の画面中央の [列…] をクリックします
    接続リスト

    接続リスト | モバイル端末やノートPCがVPN経由で通信すると、端末情報がここに表示されます。

     

  2. 接続リストの列」の画面で、左側の 候補フィールド から項目を選択して、[追加 ->] をクリックします
    (例として  接続時刻  を追加してみましょう)
  3. お好みで、「表示されているフィールド」の順位を [▲] [▼] のボタンで変更しましょう
  4.  [追加->] を 繰り返して、項目を追加しましょう
    (ここでは  合計バイト数  を 追加して、最下段に配置しましょう)
  5. 最後に [適用] をクリックして設定完了です。
    モバイル端末が接続すると、このように表示されます。
    接続リストをカスタマイズした例

    接続リストをカスタマイズした例(接続時刻(VPNの利用時間)と 合計バイト数 (通信したデータ量) を追加)

便利な使い方

「接続時刻」「合計バイト数」を追加しました。先頭行をクリックすると、昇順、降順でソートできます。

接続時刻でソートした例

接続時刻(VPNの利用時間)でソートして、最近接続したデバイスを一番上に表示

関連記事

検証用のMobility サーバーをインストールしてみよう | ステップバイステップ インストールガイド

2018/11/30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください