「Mobilityクライアント with Resilience」について

セキュア

Mobilityクライアント  (Windows版)   2つのクライアント

Mobilityクライアント Ver.12.50 では、Windows向けに2種類のクライアントが提供されています。

  • Mobilityクライアント
  • Mobilityクライアント with Resilience

「Mobilityクライアント」は従来通りの通常版クライアントです。もう一つの「with Resilience」という名前のクライアントは、Ver.12.50で新登場の『自己修復』機能が追加されたクライアントです(Windows 10 の 64 ビット版のみ対応)。
※Windows 11 向けの with Resilience は将来バージョンで対応予定

ご利用にあたっては注意点がありますので、下記の「よくある質問」をご確認ください。

よくある質問(Mobilityクライアント with Resilience)

Q1. Resilience機能とは何ですか?

Resilience (レジリエンス)とは「回復力」や「弾性(しなやかさ)」を意味する言葉で、Absolute Softwareが提供するソフトウェア自己修復テクノロジーの機能名称です。

「with Resilience」版のクライアントをインストールすると、NetMotionの親会社であるAbsolute Software Corporationのエージェントソフトウェア「Absoluteエージェント」も同時にインストールされます。

Absoluteエージェントの端末管理機能によって、自動的にMobilityクライアントの正常性を監視して破損を自動修復する『自己修復』機能が働いて、Mobilityクライアントを常に正常な状態に保ちます。

Q2. Absoluteライセンスが必要になるのですか?

いいえ。「with Resilience」版クライアントの利用にあたっては、追加のAbsoluteライセンスの購入は一切不要です。

Q3. 必要な通信ポートについて

Absoluteエージェントはクラウドベースで自動的に管理されます。エージェント設定の自動配布およびアクティブ化のために、デバイスからAbsolute Software Corporationのデータセンター(米国およびカナダ)への疎通を確保する必要があります。通信初期のネゴシエーションは公開鍵暗号方式で保護され、さらに、すべてのデータ転送はさらに追加の鍵交換による暗号化を適用した上で送受信されます。すべての送受信データは、ポート80を経由する場合も含め、暗号化で保護されます。必要な通信先に疎通できるように、デバイスのファイアウォールなどを適切に設定してください。

【必要な通信先とポート番号】
・通信先: *.namequery.com および *.dnssearch.org
・宛先ポート番号: 80, 443, 11364

Q4. 収集される統計情報について

Absoluteエージェントは匿名化された使用統計情報を収集します。
収集されるデータ項目は下記の通りです。

(2022/04/01現在。最新情報および詳細はMobility管理者ガイドをご確認ください。リンク先は英語の場合があります)
大項目 収集されるデータの例 データ収集の目的
BIOSパーシステンス デバイスのモデル番号やメーカー名など 「with Resilience」クライアントのアクティベーション(有効化)およびディアクティベーション(無効化)のために必要です
デバイスの詳細情報 コンピュータ名やデバイスシリアル番号、HDDシリアル番号、MACアドレスなど Absolute Softwareがデバイスを識別する際、および、ハードウェア変更によって自己回復が必要になったことを検出するために使用されます
デバイスの統計分析 BIOSバージョンやOSプロダクトキーなど 多数のデバイスを匿名化した状態で統計分析する際に使用されます
ネットワークの情報 デバイスのローカルIPアドレスやリモートIPアドレス 自己修復用のインストーラーや端末設定配布などで、Absoluteクラウドと通信する際のパケットヘッダーに格納されます
健全性モニタリング Absoluteエージェントのバージョンや稼働状態など エージェントソフトウェアの状態監視のために収集されます

Q5. インストール方法について

通常版のMobilityクライアントと全く同じです。インストール後は端末再起動が必要です。

Q6. アンインストール方法について

通常版のMobilityクライアントと全く同じです。Windowsコントロールパネルや「Windowsの設定」の「アプリの追加削除」からアンインストールしてください。アンインストール後は端末再起動が必要です。

Q7. Mobilityサーバーの互換性について

「with Resilience」のクライアントは、日本国内で過去にリリースされたすべてのバージョンのMobilityサーバー(Ver.11.x, Ver.12.x)と互換性があります。

Q8. 詳細情報はどこに記載されていますか?

Mobility Ver.12.50の「Mobility管理者ガイド」をご覧ください。リンク先は英語の場合があります。

Q9. 必要なサーバー環境について

Mobilityサーバーなどのオンプレ構築、および、クラウドサービスの利用については、Absolute Software株式会社(NetMotion担当)、または、NetMotionの販売パートナー各社までお問合せ下さい。

ダウンロード

上記の「よくある質問」をお読みいただいた上でご利用ください。
※通常版のMobilityクライアントはこちらからダウンロードいただけます。

オペレーティングシステム ダウンロードリンク (EXE形式)
Windows 10 (64ビット)
with Resilience” 版
Version: 12.50.20303
MSI形式のインストーラー (注:ソフトウェア配信ツールなどで使用する場合のみ)

  • Windows 10 (64ビット) MSI形式 12.50.20303 (with Resilience)

関連情報

シアトル生まれの『切れないVPN』なら、NetMotion Mobility

ブログ: Absolute、先進的な自己修復ゼロトラストプラットフォームをWFA (work from anywhere) 環境に提供